時候の挨拶〜1月・睦月〜

新春を寿ぎ、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

厳しい寒さの中で福寿草が微笑むこの頃となりましたが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

シンシアリーも本日から通常業務が始まっております。

さて、新年を迎えた本日は「1月の時候の挨拶」について、ご紹介したいと思います。

★代表的な1月の時候の挨拶

「改まった手紙」に適した時候の挨拶

初春、新春、迎春、小寒、大寒、厳寒、酷寒、極寒、烈寒、甚寒、寒冷、寒風、降雪、冷雨、厳冬、仲冬
(上記を使用する場合は「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかを繋げる)

  • 新春を寿ぎ
  • 麗らかな初日の光を仰ぎ
  • 初春の光さやけく
  • 松の内の賑わいも過ぎ
  • 寒気ことのほか厳しく
  • 寒気厳しき折柄
  • いよいよ寒気がつのり

 「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文

  • 初春の候、貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 新春を寿ぎ、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 

「親しい人への手紙」に適した時候の挨拶

  • 初春とはいえ厳しい寒さが続いております
  • 寒い日が続きますが
  • 正月気分もようやく抜け
  • 寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました
  • 雪の舞う寒さ厳しい今日この頃
  • ビルの谷間を吹きぬける木枯らしの音に
  • 星も凍るような寒い夜

「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文

  • 寒い日が続きますが、ご家族そろって穏やかな新春をお過ごしのことと思います。
  • 寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました。皆さんお変わりございませんか。

1月の丁寧な時候の定番例文

  • 皆様お揃いでうららかな春を量お迎えになられたことと、お慶び申しあげます。
  • 厳しい寒さの中で福寿草が微笑むこの頃となりましたが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 寒の入りとともに、寒さが一段と厳しく感じられるこの頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 松の内のにぎわいも過ぎてようやく平穏な日々が戻って参りました。
    ※松の内…松飾を飾っておく1月1日から1月7日までのこと。

年賀状には付けなくても良い結びの言葉(挨拶)

(一般に、以下の1月の結びの挨拶文は、年賀状以外の手紙に使用されます。)

  • ○○さんにとって、今年が幸多き一年になりますようお祈りいたします。
  • 厳しい寒さの日々、くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
  • 厳寒のみぎり、体調をおくずしにならないよう祈っております。
  • 寒さはこれからが本番です。どうかお体を大切になさってください。
  • 厳寒のおり、ご自愛くださいませ。
  • 寒さ厳しきおりから、お風邪など召しませぬよう…。
  • 年始ご多忙のおりではございますが、ご自愛くださいますよう…。

ビジネスなどで年賀状にも多く使われている結びの言葉(挨拶)

  • 本年も変わらぬお付き合いのほどをお願い申し上げます。
  • 本年もよろしくご指導のほど願いあげます。
  • 本年もご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 本年も倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。
  • 本年も倍旧のご愛顧のほど、ひとえにお願い申し上げます。

年賀状とは別で挨拶状をお送りする際は是非参考にしてみてください。

それでは寒さ厳しき折り、皆様のご自愛のほどお祈り申し上げます。

本年もどうぞワンランク上の案内状・挨拶状のシンシアリーを宜しくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る