時候の挨拶 ~8月・葉月~

挨拶状印刷サービス・シンシアリー

拝啓 季夏の候 皆さまいかがお過ごしでしょうか。
台風が去り、空は一段と高く澄み渡っています。
まさに夏真っ盛り!緑輝く山々が目に眩しい季節ですね。

さて、本日は「8月の時候の挨拶」について、ご紹介したいと思います。

★代表的な8月の時候の挨拶

挨拶状印刷サービス・シンシアリー

8月の時候の挨拶は、

・残暑の候
・晩夏の候
・初秋の候
・立秋の候
・向秋の侯

などが代表的です。
もう夏も終わり・・秋が始まる。といったイメージの言葉が並びますね。

また、7月の時候の挨拶としてご紹介した「盛夏の候」
こちらは8月上旬までは使える時候の挨拶となります。
猛暑が続く今の時期にはピッタリな表現ですよね。

★使用に注意!日にち限定の挨拶

挨拶状印刷サービス・シンシアリー

8月の時候の挨拶にも使用時期に注意が必要なものがあります。

◇立秋(りっしゅう)の侯

「立秋」とは簡単に説明すると、季節の一つです。
季節と言えば「春夏秋冬」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
更に細かく24に分割した「二十四節気」というものがあります。
立秋の他には秋分、春分、夏至、冬至、立春、立夏などが有名ですよね。

立秋は、8月7日〜8日頃をさします。
8月7日~8日といえば夏真っ盛りですが、暦の上ではこの日を過ぎると秋になるとされています。

「立秋の候」が使える時期は、
立秋とされる日から、立秋の次の二十四節気「処暑」の前日までです。

具体的な日にちを2017年であげると、
「立秋=8月7日」から「処暑の前日=8月22日」までとなります。
「立秋の候」を使用する場合は、この時期に挨拶状が相手に届くよう注意が必要ですね!

★「暑中見舞い」と「残暑見舞い」

挨拶状印刷サービス・シンシアリー

日本の代表的な手紙の風習に「暑中見舞い」と「残暑見舞い」があります。
いずれも夏の暑い時期に相手を思いやる手紙ですが、皆さんその違いをご存知ですか?

実はこちらにも「立秋」が深く関係しています。

暑中見舞いを出し始める時期は地域によって若干異なりますが、一般的に7月上旬からとなります。
そして、暦の上で夏が終わり秋になる「立秋」を境に、暑中見舞いは残暑見舞いへと切り替わるのです。
つまり、立秋をこえると暑中見舞いが残暑見舞いになるということですね!

 

挨拶状印刷サービス・シンシアリー

せっかく贈る大切な手紙。
マナーを学んで、失礼のないものにしたいですよね。
まずは時候の挨拶を使い分け、季節に合った手紙を送りましょう!

それでは皆さま、残暑厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。

敬具

☆今回の写真アイテム
ほそおり ホワイト → https://sincerely-print.jp/letter/hosoori_w.php
ほそおり ボルドー → https://sincerely-print.jp/letter/hosoori_brd.php
ほそおり ライトグレー → https://sincerely-print.jp/letter/hosoori_lg.php

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの想いが伝わる特別な挨拶状

~ こだわりの挨拶状作成ならシンシアリーで ~

気持ちをこめた挨拶状をつくりたい!
だけど、自分で作る時間と自信がない…
そんな方は是非シンシアリーをご利用ください。

オシャレな台紙つき!
豊富な文例250種類!

オンリーワンの挨拶状を
フルサポート・短納期で作成いたします!

まずは無料サンプルをご請求ください♪


無料サンプル請求はこちら

コメントを残す